【受験対策】石山高校合格のための勉強法|エンジョイゼミ

石山高校 受験

石山高校合格のための勉強法を紹介

石山高校受験合格を目指す中学生のための勉強法記事です。この記事では、石山高校に合格するためにどのように勉強すれば良いのかをまとめています。読むだけではなく、しっかりと実践することが大切なので、読み終えたら必ず試すようにしてくださいね。

エンジョイゼミでは、石山高校を目指す中学生の毎日の『計画・勉強』を管理することで受験勉強をサポートしています。まずは、無料体験にお申し込みください。

 

無料体験 個別指導 大津市

石山高校の合格に必要な条件

石山高校合格を目指すために、必要な条件を確認しておきましょう。具体的には、「合格基準点」です。入試本番で何点取ればいいのかを知っておくと、何をすればいいのかがわかりやすくなります。もちろん、内申点も大切です。

石山高校の合格基準点は以下の通りです。(点数は大まかな予想です)

合格基準点 : 380〜400点(偏差値 65〜)

定期テスト、実力テストで8割近く取れている場合は十分合格する可能性があると言える点数ですね。ですが、本番でこの点数を取るのは簡単ではないので、しっかり対策していきましょう。対策の方法を以下で説明していきます。

ステップ1:目標点数を決める

石山高校にほぼ確実に合格するのであれば、400点以上は必要でしょう。ですので、ここでは400点を目標にします。

※合格できる点数は年によって異なります。周りのレベルが高い、もしくは、問題が易しかった場合、大きく点数が異なる場合もあります。

次にどの教科で何点取ればいいのかを考えます。定期テストや実力テストなどを通して、得意・不得意は自分でわかっていると思うので、それらを考慮しながら目標点数を決めましょう。

例として、数学・理科を得意、英語を苦手と想定して考えます。

国語75点
数学90点
英語70点
理科80点
社会85点

このような配点で400点となります。

1つを7割(今回は英語)とすると、ほかの教科にかなり力を入れる必要があることがわかると思いますが、ここは頑張りましょう。また、この配点は一例ですので、得意不得意に応じて必ず自分で考えるようにしてください。目標点を決めることは、受験に合格するために重要なものです。自分と向き合い点数を決めてください。

ステップ2:目標点を取るためにやるべきことを考える

石山高校レベルになると、応用問題まで解けることが必須になります。つまり、基礎はどの教科においてもできるようにしておく必要があります。現時点で基礎ができていない場合は、基礎の学習から始めましょう。

中学3年生であれば、中学2年生後半で買う(多くの中学校で販売されます)入試対策の問題集(参考書)の基礎部分の問題を完璧にこなしましょう。これは、全教科です。基礎を完璧にできれば、実力テストで300〜350点は取る力があるでしょう。残りの点数を取るために、応用的な問題にも取り組みましょう。

ここで重要なのが、滋賀県の問題傾向を知っておくことです。

例えば、英語であれば長文問題が多く、記述も多いため、英作文の力が必要になります。英作文を書くためには、単語や文法、構文など基礎的な力も必要ですが、それとは別に対策も必要です。

数学では、大問1が40点を占める大きな問題であり、それ以外は、比較的解き難い難題が並びます。読み慣れていないとなかなか解くことは難しいです。

このようなポイントを押さえながら、応用に取り組んでいくことが重要です。どの教科にどれだけ力を入れるのかは、目標点数や現時点での学力により大きく変わってきます。何をすればいいかわからないという人はお気軽にご相談ください。

無料で勉強相談ができる公式LINEはこちら

LINE友達追加

エンジョイゼミの家庭教師・オンラインゼミ

エンジョイゼミでは、石山高校進学を目指す生徒一人一人に合った計画を作成し、確実な成績UPを目指します。計画を作成することでやるべきことが明確になるので何をしたらいいかわからないという人も安心です。

オンラインサポート・家庭教師共に人数制限がありますので、サポートをご希望の場合はお早めにお問い合わせください。

1分で完結!エンジョイゼミ無料体験のお申し込みはこちら↓

無料体験 個別指導 大津市