中学生に必要な勉強時間とは?【平日・休日比較】

中学生が1日にやるべき勉強時間【平日・休日】

中学生になると、毎日の授業に部活動が忙しく、予習や復習などができていない人も多いと思います。ですが、成績UPを目指すのなら、予習や復習を家庭でする必要がありますよね。

そこで、この記事では、中学生が1日にやるべき勉強時間はどれくらいなのかを紹介していこうと思います。まずは、全国の中学生がどのくらいの時間を勉強しているのか確認しましょう!

https://berd.benesse.jp/shotouchutou/research/detail1.php?id=4801 ベネッセ「第5回学習基本調査」

ベネッセさんによる調査では、2015年の中学生の平均勉強時間は90分ということです。正直、かなり勉強しているなという印象を受けます。塾や家庭教師、宿題の時間も含んでいるとはいえ、1日90分が平均時間なのは、意外です。

では、毎日90分勉強すればいいの?というとそういうわけではありません。ここからは、中学生が毎日どれだけ勉強する必要があるのかを解説していきます。

中学生が平日(学校がある日)にやるべき勉強時間

平日は、学校や部活後の時間に勉強することになります。なので、あまり勉強できないという人も多いと思います。成績UPを目指す中学生が、平日にやるべき勉強時間は、宿題以外に最低でも1時間です。この1時間をうまく使うことができれば、十分に成績UPに役立つ時間にすることができます。

ですが、毎日勉強することが条件です!

では、なぜ1時間でいいのか?ということですが、この1時間は数学と英語の復習の時間にしましょう。そうすることで、定期テストや、受験にも対応できる力をつけることができます。ですが、人によっては1時間で足りない場合もあります。特に、以下に当てはまる人は、勉強時間を伸ばす必要があります。

・1年生や2年生の数学・英語の内容を理解していない
・実力テスト(まとめテスト)で50点以下
・英単語を覚えていない(不規則動詞も含む)
・復習に1時間以上かかる
今、勉強している内容に理解が追いついていない場合は、授業の復習だけをしても効果が期待できません。数学と英語は、1年生から(小学校の基礎も含めて)の積み重ねが重要です。だからこそ、今までの復習は確実に取り組んでおきましょう。基礎が理解できていれば、毎日の勉強時間は1時間で十分になります。

中学生が休日にやるべき勉強時間

休日は、平日よりも勉強時間を取ることができますね。休日にやるべきことは、数学・英語の1週間の復習やその他の科目の復習です。これらに取り組むためには、3〜5時間は勉強する必要があります。

部活がある場合などは、厳しいこともあると思いますが、休日の目標は3時間以上に設定しましょう。毎週末に、1週間の復習をしておくことで、テスト前や、受験勉強に取り組むときに余裕が生まれます。

休日はまとまった時間をとって、勉強できるチャンスです!週末に、しっかりと取り組むことで周りと差をつけましょう。

勉強時間より大切なこと

ここまでは、勉強時間について解説してきましたが、勉強時間よりも大切なことがあります。それが、

同じ勉強時間でも、何を勉強するか

です。1時間の勉強でも、「テレビを見ながら、スマホを触りながらの勉強」と、「集中して取り組んだ勉強」では、効率や効果が全く違います。それは、中学生の皆さんならわかると思います。

平日は、数学と英語を中心に、休日はその週の復習を中心に、「何をするのか」を考えながら勉強しましょう。参考書などは無理に買う必要はありません。学校のワークを中心に、基礎をしっかり理解するようにしましょう。

エンジョイゼミはあなたの勉強時間を管理します

エンジョイゼミでは、オンラインサポートを通して、生徒の勉強を管理する新しい学習サポートを行なっています。詳しくは、「エンジョイゼミについて」をご覧ください。

エンジョイゼミについて
自学自習で成績を伸ばす生徒を育てる エンジョイゼミの理念は「自学自習を身に付ける」です。成績アップはもちろん、将来必ず必要になる勉強の仕方・計画の立て方を理解してもらい、自分の力で成長できる生徒を育てることを目標にしています。...

無料体験・お問い合わせは、こちらからお気軽にご連絡ください。

 

どんなことでもお気軽にご相談ください

↓最短1分簡単お申込みはコチラ↓
エンジョイゼミ お申込み

LINEでも無料相談受け付けています
友だち追加