【計画の立て方】大学合格を近づける計画の立て方を大公開!

大学共通テスト

目標を達成できるかどうかは、計画で決まる⁉

今回は、計画の立て方について書いていきます。計画は皆さん立てられていると思いますが、受験を突破するためには、計画はじっくりとことん立てる必要があります。

受験に計画は必須!という思いをもってこの記事を最後まで読んでくださいね!

この記事を読み終わるころには、

  • 計画を立てることがどれだけ重要なのか
  • 計画の正しい立て方
  • 目標を達成するまでの流れ

を理解することができます。それでは、本題へ行きましょう!

計画はなぜ大切なのか

計画はめちゃ大事!ということはわかっていると思いますが、なぜ計画は大事なのでしょうか?

ヤマグチ
ヤマグチ
なんで計画は大事だと思う?
ゼミ生
ゼミ生
それは、やるべきことがはっきりするからじゃないですか?計画がなかったら何すればいいかわからなくなっちゃいます。

多くのみなさんは、ゼミ生と同じような意見なんじゃないでしょうか?

そう!計画を立てる最大の理由は見通しを立てて、何をするべきかはっきりさせるということです。受験は長期戦であるので、今日、明日頑張ったからといって合格できるわけではありませんよね。だからこそ、計画を立てることで

  • 今、何をするべきなのか?
  • これから先何をするべきなのか?

ということに気付き、それに対しての計画も立てていくことができ、今日やること、明日やることがはっきりしてくるのです。つまり、今日や明日するべきことを見つけるためにも計画を立てることは大切ということですね!

例えば、定期テストを思い返してみてください。テスト範囲が指定されて、試験の日程が決まっていて、いつまでにどこをやればいいのかはある程度分かっていますよね。
でも、やみくもにやってもその範囲はなかなかやりきることができないはずです。ここで、計画の出番です。

いつまでに、何を、どこまですればいいのかをまとめ、テストの日までにそれらをこなせるように計画を立てれば、今日、明日、その次と何をしなければならないのかがわかってくるはずです。
これを受験にも当てはめて行えば、試験当日までにやるべきことをしっかりとこなすことができるでしょう!

計画は、目標に近づくために、今何をしなければならないのか、これから何をしていく必要があるのかを知るために必ず必要になるものである!

計画の正しい立て方

計画が大事っていうことはわかりました!でも、いい計画ってどんな風に立てればいいのかわかりません。
いつも、計画を立てても、その通りにできないんです

 

ヤマグチ
ヤマグチ
計画は立てるけど、その通りにできない人って意外と多いんだよね。だから、計画倒れになりにくい計画の立て方を紹介するよ!

計画は誰もが一度は立てたことがあると思います。ですが、計画通りにすべての物事を進められたという人は、ほんの一部ではないでしょうか?

多くの人が、計画をしてもうまく進まない。じゃ、計画の意味なんてないじゃんと計画を立てない。すべてがうまくいかなくなる。

という、負の連鎖にはまっているんじゃないかなと思います。

ですので、これから計画を立てるにあたって、一つだけポイントをお伝えします。

(これから、1日の計画の立て方・1週間の計画の立て方・目標を達成するまで計画の立て方をそれぞれ記事にしていくので、そこでの共通のポイントだと思って受け止めてください)

計画は崩れるものだと思っておく

はい、矛盾していることを言ってますよ。いい計画の立て方は、計画は崩れるものだと思っとくことってどうゆうこと?と、思いますよね。

広い意味でとらえると、計画は余裕をもって作りましょう!ということです。

なぜなら、自分の限界に近い計画を立ててしまうと、一度計画が崩れると「もー無理」、「やっぱ計画通りにできない」と思ってしまい、修正が不可能になってしまいます。

それを避けるためにも、これならこなせるかな~という少し上の計画にすることで、やる気・継続力ともに向上していくので、最初から無理しなくていいよというのがポイントです。

 

なるほど!無理な計画を作っていたから続かなかったんですね!
これからは余裕をもって計画します!

 

ヤマグチ
ヤマグチ
余裕の持ちすぎはさぼりの原因にもなるから、そこにも注意が必要なんだよ!

ここで注意してほしいのは、余裕を持たせすぎないことです。余裕を持たせすぎると、後に回せばいいやという気持ちになり、なかなか集中できません。
ここが最も難しいポイントなので、意識して、余裕のありすぎる計画にはしないようにしましょう。だからこそ、これならできるというレベルの少し上の計画にしておきましょう。

目標達成までの流れ

計画を立てる最大の目的は、目標・夢を達成するためですよね。最後に、目標を達成するまでの、計画を見て、どのようにすればいいのかをイメージしてください!

例:大学に合格する

  1. 目標達成に必要なものをあげる
  2. それをこなす期間を決める
  3. 目標から逆算して、今何をすべきか細かく決める

大まかにすることをあげるとこんな感じ。

ヤマグチ
ヤマグチ

それぞれ詳しく説明するね!

①の目標達成に必要なものをあげるでは、大学合格に必要な勉強や点数、成績を具体的に上げていきます。

国語と数学の試験があり、それぞれ60%で合格できる。数学は、ⅠA・ⅡBの範囲で出題される。評定は、3.5以上必要なので、今学期はオール4以上を目指す(5段階)

②期間を決めるでは、具体的にいつまでにこれを達成すればいいかを決めます。

入試本番:国語・数学で60%の点を取る

今学期:評定をオール4以上にする

③目標から逆算して今すべきことを決める。

入試本番で60%取るためには、国語の長文を毎日読み、数学ⅠAを今学期中に60%取れるようにする。

評定をオール4以上にするために、試験対策が必要。

毎日することは、試験対策の勉強、国語の長文、数学ⅠA

これは、ほんとうに簡単な例ですが、このように、目標から今何が必要なのかを導き出すことがまず一つ目のステップです。
詳しい計画の立て方は、日数によって記事を書いていくので、そちらをご覧ください!

一言アドバイス

計画を味方につければ、あなたの夢への道は開かれる。

ゴールから逆算して、今何をすべきなのかをしっかりと見つめることができれば、あなたは行動し、必ず目標に近づくことができるしょう!

まずは、計画を立ててみてね!