【勉強方法】中学生の数学定期テスト対策編

中学生の定期テスト勉強法 【数学】

中学生が数学を勉強する上で、最も大切なこと。それは、原因を理解すること

もちろん、1+1=2というような簡単なことではなく、なぜ四角形の面積は「縦×横」で三角形の面積は「縦×横×1/2」なのか?とか、比例とはどういうことか?とかそういった根本的な理解が大切です。

実際は、深くまでわかっていなくても、どの公式を使うかをわかっていて公式に当てはめれば、答えが導ける問題はたくさんあります。ただ、応用問題入試問題では公式の暗記だけでは解くことができない問題も出てきます。

そのような問題に対応するためには、なぜその公式が使えるのかやどのようなときにその公式を使うことができるのかを知っている必要があります。

この記事では、定期テスト対策のためではありますが、入試にもつながるよう「数学を理解する」ための勉強方法を紹介していきます。

中学生の数学勉強方法

勉強の流れは以下の通りです。

1.教書の内容をしっかりと理解すること
2.ワーク等で問題を多くこなすこと
3.なぜその答えになるのかを説明すること

この流れに沿って、すべての問題を説明することができれば、君の数学力は確実に向上しています。

1.教書の内容をしっかりと理解すること

教科書の内容を理解するためには、教科書をよく読むことが大切です。
学校の授業では教科書を読むよりも、問題に取り組むことの方が多いと思います。

ただ、教科書には、なぜそうなるのかが必ず書いてあるので、根本的な理解をするためにも必ず読むようにしましょう。特に、用語の説明や定義の部分は暗記するまで読み込むことが大切です!

教科書に書いてある内容でわからないことがあれば、必ず先生に聞くようにしましょう。

2.ワーク等で問題を多くこなすこと

教科書の内容を理解したら、ワークに取り組みましょう。
ワークに取り組む目的は、多くの問題をこなすことで、問題のパターンを知ることと、基礎をしっかりと理解できているかを確認することです。
ですので、テスト前には、ワークの問題は全て解ける状態にしておきましょう。

答えの暗記は意味なし!
「なぜその答えになるのかを理解する」

答えの根拠を知るためには、ワークの解説をしっかりと読むようにしましょう。合っている問題も解説は必ず読み、勘違いしていないかを確かめるようにしましょう。

3.なぜその答えになるのかを説明すること

ワークを解くことで、なぜその答えになるのかを理解したら、友達に説明したり、自分自身で説明しながら問題に取り組みましょう。

方法は、問題を解きながらなぜそうなるのかを説明していくだけです。
ここでしっかりと説明ができれば、その問題は「理解している」と判断できます。もし、説明がうまくできないときや、間違っているときは教科書に戻って必ず理解するようにしましょう。

この1〜3の勉強を繰り返すことで、自然と数学力は向上していきます。ただ、答えを写すだけであったり、できない問題をできないままにしておくと成長することはないので、すべての問題を理解するまで繰り返すようにしてください。

定期テストでは、範囲が決まっているので、用語の意味をしっかりと理解して、ワークの問題をすべて解くことができる状態にしておくだけで、高得点を取ることができます。

大切なのは、「なぜそうなるのか」です。ワークの答えを覚えることは無駄なのでやめて、これからは、なぜそうなるのかを考えるようにしましょう。

問題を解くときに「なぜそうなるのか?」と自分に問うことを癖にすることで、自分が理解しているのかしていないのかがすぐにわかるのでオススメですよ!

エンジョイゼミ公式LINE

より詳しく聞きたい、個人的な相談もしてみたい。そんなあなたは、ぜひLINEを登録してご連絡ください!いつでも相談を受け付けています。

👇サポートのお申し込み・相談はLINEで簡単に行えます!👇

友だち追加

無料体験 個別指導 大津市