勉強のやる気を高めるための簡単なテクニック5選

やる気を高めるためのテクニックを5つ紹介

勉強のやる気を高めたいときに簡単に使える方法を5つ紹介します。この5つすべてを使う必要はなくて、自分に合うものを選んで使うようにしてください。

今回は、すぐに効果の出るものを5つ紹介するので、勉強を始める前に試してみてください。継続的にやる気を高めたい場合などは、別の方法を取り入れる方が効果が高い場合があります。気になる方は、LINEでご相談ください!

テクニック1:やるべきことを細かく分ける

やるべきことを細かく分けることで、全体的に何となく考えている時よりも勉強に取り組みやすくなります。やるべきことがわかっているけど、勉強に取り組めない場合におすすめです。

例)「数学のワークを5ページしなければならない」という場面を考えます。

この時にやるべきことを細かく分けると、このようになります。

  • ワークを机の上に出す
  • やるべきページを開く
  • 文房具を出す
  • 1問問題を解く
  • 1ページ問題を解く
  • 2ページ目の問題を解く
  • 3ページ目の問題を解く
  • 4ページ目の問題を解く
  • 5ページ目の問題を解く
  • 答えあわせをする
  • 間違った問題を訂正する

ここまでがやるべきことです。このように細かくすることで、「とりあえず机にワークを出せばいい」ことから始まり、「とりあえず1問解けばいい」と気持ちが楽になります。簡単なことですが、今やるべきことをとても細かく書き出すと、とても簡単にできることに気づいて、勉強に取り組めるようになります。

テクニック2:準備をしておく

勉強に取り掛かるための準備を先にしておくだけでも、勉強のやる気を高めることができます。勉強だけではなく、何かをするときは、始めるまでに多くのエネルギーを使います。逆に、始めてしまえば楽に続けることができます。

よく例えられるのは、自転車です。自転車を漕ぎ出すときは、力が必要ですが、一度進み出すとスムーズに進み続けます。つまり、最初の力をどう加えるのかが大切です。

勉強では、その一歩が踏み出せないことで、「めんどくさいな」「ゲームの方がいいな」と勉強を後回しにしてしまいます。それを防ぐのが準備です。

例えば、「夜に勉強する教材を開いて机の上に置いておく」これだけでも効果があります。教材を鞄から出して、開けて準備することを先にしておくだけで、夜は机の前に座ったらすぐに勉強を始めることができる環境になっています。だからこそ、勉強を始めやすくなるということです。

学校から帰ってすぐに勉強を始めたいときは、朝、学校へ行く前に準備しておくのがベストです!

テクニック3:20秒ルール

20秒ルールは習慣化したいことがあるときに使うのが一般的ですが、勉強にも応用することができます。20秒ルールとは、習慣化したい物事を始めるまでの手間を20秒減らしましょうという簡単なルールです。

中高生の場合は、勉強を習慣化したいと思っているはずなので、勉強を始める手間を20秒減らすことに全力を注ぎましょう。ここで、テクニック2が使えることもわかります。テクニック2では、先に準備をすることで、勉強をいざ始めようとした時の手間を減らしています。

他にも様々な方法で時間を短縮することができます。

例えば、いざ勉強しようとしてから「何を勉強しようかな?」と考えている人は、朝起きてからや、夜寝る前に計画を作成しておけばスムーズに勉強に取りかかれます。また、教科書や教材を手の届く場所におくだけでも、どこかへ取りに行く手間が減るので勉強に取り組みやすくなります。

たった20秒ですが、大きな差になるので試してみてください!

テクニック4:超簡単な問題から始める

いきなり難しい問題に取り組んでやる気をなくすという人は、超簡単な問題から始めてみましょう。数学であれば、単純な計算問題や、教科書の単語の意味を知ること。英語であれば、英単語の暗記や、基本例文の確認など。確実にわかる!と感じる問題や内容から勉強を始めましょう。

こうすることで、できる!という感覚を強く感じることができるので、勉強に意識が向きやすくなります。さらに、基礎固めにもなるので、勉強をする上で大切な力をつけることもできます。

おすすめは、最初の5分を簡単な問題を解く時間にすることです。5分だけ基礎の確認をすると決めると、集中力も高いまま必要な勉強に入ることができます。

テクニック5:目標を思い出す

最後は一番簡単で手っ取り早い方法です。方法は、「目標を思い出す」だけです。自分が何を目指してこの勉強をするのかを考えるだけで、やるべき理由が明確になり、勉強のやる気を高めてくれます。

ですが、本当にその目標を達成したいという思いがなければ効果は薄いです。「本気で東大に合格したい!」「次のテストで上位に入りたい!」「絶対に80%以上の点数をとる!」というように、目標は人それぞれ何でもいいですが、本気で成し遂げたいと思う目標を思い出しましょう。

そうすることで、今勉強を頑張れば、目標達成に近づくという思いを感じることができるはずです。

テクニックまとめ

今回は、簡単に使うことができる勉強のやる気をあげるテクニックを5つ紹介しました。どれもうまく使うことで効果を感じることができる方法だと思います。

特に、20秒ルールなどは、他の生活においても利用できるだけでなく、勉強を習慣化する上で重要なテクニックなのでぜひ試してみてください。

このようなテクニックは実際に試してみないとわからないことがたくさんあります。ですので、試して合わなければ改善したり、違うものに切り替えてより良いものにしていってほしいと思います。

 

オンライン塾・家庭教師のエンジョイゼミでは、中学生・高校生の毎日の勉強を管理することで成績UPや目標達成をサポートしています。興味のある方は、以下から無料体験が可能ですのでお問い合わせください。

無料体験 塾 大津市