【数学】高校数学の勉強で大切なこと|勉強の進め方

高校数学の勉強はこうして進めよう!

今回は、数学の勉強方法を紹介します。勉強方法は人によって会う合わないがあるものですので、参考程度に見ていただければいいと思います。ですが、これは高校数学において大学受験をするための勉強法です。このことは理解しておいてください。

数学っていろんな単元があって、どうすればいいのかわかりません。
ヤマグチ
ヤマグチ
そうだよね、単元も多いし、内容も全然違うよね。でも、やるべきことはどれも一緒で、数学のつながりに気づくことが大切なんだ!そのためにどんな学習をしていけばいいのか紹介するね!

数学の勉強法【繰りかえし理解する】

数学は暗記科目と言われることもありますが、そんな単純なものではありません。
しかし、公式や法則など暗記しておかなければ問題を解くことができない、もしくは解くのに時間がかかりすぎることが多々あります。

ですので、基本はどのように解くのかを、問題を繰り返しといて覚えてることから始めます。これには、問題集を活用しましょう!私が使っていたのは、このチャート式です。


改訂版チャート式解法と演習数学1+A

難関私立や、旧帝大などの難関国立を狙う場合は、黄チャートでは十分ではありませんが、ほとんどの大学は、この黄チャートを中心に勉強すれば十分対応することができます。

このチャート式の内容は、例題と解説、練習問題から1ページが成り立っています。単元ごとに重要な例題をピックアップして学習していくことができるので効率よく学習できる点もいいですね。

定期テストの前だと、テスト範囲の例題、練習問題を何度も繰り返すことでおおよその問題パターンはカバーすることができます。具体的な方法としては、

  1. 一度テスト範囲の例題、練習問題を解く
  2. 一度で解くことのできなかった問題のみ解く
  3. 解くことができない問題がなくなるまで繰り返す

つまり、何度も繰り返し覚えてしまうまでやるということです。ですが、ここで重要なのが、その問題を覚えるのではなく、どのように答えを導きだせばいいのかを理解することを目指してください。

数学では、似たような問題が出ることはあっても、同じ数字で問題が出てくることはありません。そのため、解き方、なぜそれで解けるのかを理解しておきましょう。

チャート式を一通りすることで、単元ごとにどのようなポイントを抑えることで解くことができるのかはわかってくるはずです。それをまとめ、応用問題にも活用できるようにしておきましょう。
ここまでは、定期テスト等範囲の決まった試験では有効ですが、入試試験で置き換えると、範囲が広すぎて対応することができません。

次に、入試や模試に対してどのように対策して行くかまとめていきます。

特徴をつかんで徹底対策

入試に関しては、全てを完璧にすることは困難で、完璧にする必要もありません。

では、どうするのか?

まずは、入試の傾向をつかむことから始めましょう。これは、どの教科にも共通の部分です。傾向がわからなければ、何を目指して進めばいいのかわからないですよね。

逆に、定期試験は、範囲がはっきりしているので、対策しやすいです。

1、2年生で受験勉強として勉強を始める場合は、今まで学んだことを復習するとともに、模試を有効活用することが重要ですので、模試の傾向をつかむことで入試の傾向をつかむ練習をしましょう!

では、特徴がわかったら、どのように対策していけばいいのかを説明します。

数学の場合は、入試に問われる単元がある程度絞られています。

例えば、二次関数、三角関数、微分・積分、ベクトル、確率などなどですよね。

そして、入試問題を解くに当たって重要なのが、単元同士のつながりを見つけることです。

これが難しい点ですが、繰り返し問題を解いていると、関連性が見えてくるはずです。その関連性が入試では重要な鍵になります。

模試の復習や、過去問の復習では、特に注意して探して見てください。

探し方としては、大問として関数の問題であるのに、微積を使わなければ解けないというものや、確率の単元で、二次関数を使うなどを解いているときや、答え合わせの時に確認します。

基礎は黄チャート等基礎的な問題が多くできるもので繰り返そう
応用は模試や過去問を使用し、苦手分野を分析し基礎の戻って復習しよう!

一言アドバイス

数学の勉強に関しては、基礎がかなり重要です。基礎を広い範囲に使うことが応用だと考えても間違いありません。
そのため、まずは、基礎固めを徹底することをお勧めします。

そのあとに、模試や過去問などで見つけた苦手分野をまた基礎と同じように復習していきましょう。数学は理解することが大切。暗記で終わらない勉強をしていきましょう。