【大学入試】英語外部検定試験導入・記述を延期。高校生への影響は?

2020年度大学入試での英語外部検定試験導入延期が決定!

11/1に文部科学省などは来年(2020年度)の大学入試試験から導入予定だった英語の外部検定試験の延期を発表しました。

これによって、今高校2年生の高校生たちは、外部試験を受ける必要がなくなります。結果として、2019年度の入試と大きく変わるのは、「センター試験」が「大学入学共通テスト」になり、試験の出題形式と配点の3つの点です。配点に関しては後述します。

英語の外部検定試験がなくなったことで、来年の受験生の負担は大きく減るものの、今後の大学入学試験がどうなるのか?という不安はさらに高まったようにも感じます。

一生を左右することにもなりかねない大学入試ですので、正しい情報をしっかりと集めることが重要になります。

すでに、外部試験を導入する予定だった大学を志望している場合は、どのような対策が取られるのか発表を待つしかありません。大きく試験が変更になることはほぼないと考えられますが、大学のHPなどを定期的にチェックするようにしましょう。

入試変更で高校生への影響はどうなる?

外部の英語検定試験が延期になったことで、検定試験を実施している業者や、大学、高校など様々な人が影響を受けますが、一番大きな影響を受けるのは高校生やその保護者の方です。

すでに、外部試験に向けて勉強に取り組んでいる高校生も多くいるでしょうし、検定料を支払っているご家庭もあるようなので、影響は小さくありません。

ただ、だからと言ってやってきたことが全て無駄になるということはありません。英検やGTECなどの対策も英語の勉強として大切なことです。今までやってきたことを無駄にするのではなく、次に活かす方法を考えましょう。

とは言っても、外部検定試験がなくなったことで、英語の勉強は大きく変わることになります。大学受験を考えている高校生の勉強の中心になるのは大学入学共通テスト対策になると思いますが、今までのセンター対策とも大きく異なる点があるので注意が必要です。

特に、リスニングの配点が大きく上がっていることには気をつけましょう。

志望校の入試情報をしっかりと確認して、リーディングとリスニングの配点がどうなるのかは必ず知っておきましょう。

リスニング力は短期間で高まるものではありません。リスニングに不安がある方は、早いうちから対策しておきましょう。

1番大切なのは、正しい情報を常に集めることです。学校でもある程度の情報を集めてくれると思いますが、生徒全員に的確に詳しい情報を与えることは難しいです。

なので、少なくとも自分の志望校は自分で調べて情報を集めてください。必ず、志望校の大学の公式HPでチェックしてくださいね!!